熱中して踊るあいつと夕立

「姉ちゃん」に関して本や論文を書くなら、どういったことを調べる?「春巻き」の一般的な解説なんかかな。もしくは、自分独自の視点からの見解かな。

音楽家に涙は似合わない

HOME

目を閉じてダンスする彼と飛行機雲

有名芸能人が突然引退表明!!することで、ネットやニュースでたっぷり扱っていますが、とてもすごいです。
次期日本の総理大臣がどのような人になるかという話より報道でも番が速かった。
どのような政治家が代表になっても変わらないって思う方も非常に多いですし、それよりはよくテレビで見る大物が芸能界を芸能界引退というのが影響がでるということですかね。

どんよりした祝日の朝に目を閉じて
銀座のクラブの女性を見ていると、プロ意識が高いなと思う。
それは、キメキメのルックス、会話の技術、それらに対する努力。
お客さんに完全に勘違いをしてもらわないで、ビジネスだと理解してもらいながら、常連になってもらう。
そして、もしかしてこのお姉さん、僕に本気なのかな?と気にしてもらう。
このバランスのとり方が、どの仕事よりも絶妙だ。
それよりも、私は人気のホステスさんたちの収入が凄く知りたい。

のめり込んで吠える子供と履きつぶした靴

太宰治の、斜陽は、何度も読みたくなると思う。
かつては育ちのいい御嬢さんだったかず子が、強くて引かない女に豹変していく。
読んでいて素敵だと思ってしまった私。
これくらい、誰にも負けない行動力と、強い意志が戦後は必要だったのかもしれない。
彼女の都合は置いておいて、不倫相手の作家の奥さんからするとうざいだろうと思う。

泣きながら自転車をこぐ家族と夕焼け
石田衣良さんという物書きに魅せられたのは、友達の愛ちゃんの部屋で。
愛がいない部屋という短編が詰まった小説が本棚に置かれていたから。
生まれ故郷の新潟のお母さんが読んでいたものだそうで、それをお米や果物と共に送ってくれたという。
その頃はまだそこまで有名でなく、世に知れていなかった石田衣良。
愛ちゃんはいつも手記や経済、雑誌などは買う。
しかし、よくいう小説は読まないので、この本、私にくれた。
愛のお母さんは、何を考えながら、この本を手に取ったのだろう。

雹が降った木曜の深夜は料理を

息子の3歳の誕生日が近づいているので、プレゼントをどういったものにするかを迷っている。
嫁と話し合って、体で遊ぶおもちゃか知育玩具か洋服などにするかを決めようとしている。
迷ってなかなか決められないので、ものを見て選ぶことにしたけど、ピンとくるものがなかった。
だけれど、こどもに見せてみたら、以外とすぐに決まった。
ジャングルジムに夢中になったので、それに決めた。
ただ、今の借家が狭いので、小さくて折りたたみ可能なやつにした。
販売価格もわりと安かったので、よかった。

騒がしくお喋りする子供と公園の噴水
社員で働いていたころ、仕事を退職する機会がこなかった。
かなり辞めたかった訳ではないから。
働く余裕がないのかもしれない。
しかし、ある時、熱意を込めて今月で辞職すると伝えた。
こんな日になぜか、入社当時からすごく厳しいと感じていたKさんが、気さくに話しかけてきてくれた。
話しているうちに、ほとんど事情を知るはずもないKさんが「今の仕事、大変だけど、君はしばらく続くよ」と言ってきた。
色々あって泣きそうになった。
考える事があって、その日の帰りに、上司に辞職を無かったことにしてもらった。

怒って跳ねる先生と草原

打ち上げ花火の季節なのだけれど、今住んでいるところが、観光地で週末の夜、打ち上げ花火が打ち上っている、もはやあきてしまって、新鮮さもなくなった。
毎週、打ち上げ花火を打ちあげているので、クレームもたくさんあるらしい。
私の、家でも花火の音が大きすぎてひとり娘がパニックで涙を流している。
夏の季節に数回ならいいが、夏に、毎週末、一時間近くも花火をあげていては、いらいらする。
すぐに花火が上がらなくなればいいのにと思う。

気持ち良さそうに踊る彼女と擦り切れたミサンガ
少し前、短大の卒業旅行で、仲良しの3人で博多港から釜山に観光に出かけた。
行ったことのない日本以外の国で、宿に1泊2日の滞在だった。
メインストリートを結構見て、はしゃいでいたけれど、しだいに道に迷った。
日本語は、当然浸透していないし、英語も全く通じない。
その時、韓国の男性がレベルの高い日本語でメインの場所を教えてくれた。
働きはじめる前に福岡に留学して日本文化の学習をしたという。
おかげで、また、楽しい海外の旅をすることが可能になった。
最終日、駅で道を案内してくれたその人にまた再会した。
「またおいで」と言われたので、3人ともこの国が印象的な国になった。
いつも予定を合わせて韓国観光が計画されている。

雹が降った土曜の明け方に昔を懐かしむ

夏らしいことを今年はしていないが、ともだちと土曜日、コテージを借りバーベキューを行う。
暑い時期の恒例だが、たまには、息抜きになる。
男が少人数なので、ものすごく色々と準備をしないといけない。
特に、バーベキューの準備が、女性だと苦手な人がたくさんなので、活躍しないと。
なのだけれど必ず全員で焼酎を飲むからその時は、ワインを飲みすぎない様に注意しよう。

ノリノリで歌う友人と濡れたTシャツ
新人の頃、無知なこともあって、ちょっとしたごたごたをひきおこしてしまった。
気にすることはないといってくれたお客さんたちに、お詫びの方法も思いつかず、悲しい顔をしてしまった。
同じく新人らしきお客さんが、スタバのラテをあげる、と言ってくれた。
誤って2個注文しちゃったんだよね、とニコニコしながら別の種類のドリンク2つ。
高身長で、細くてすっごく親切そうな顔つきをした良い人。
悪かったな、と思う。

メニュー

クマ

メニュー


Copyright (c) 2015 音楽家に涙は似合わない All rights reserved.